国境の島 対馬に釣りをしに行った話 2019年4月29日-5月5日

釣り
スポンサーリンク

2019年のGW、釣り師匠のTD氏にそそのかされ対馬へ釣りに行ってきました。福岡からフェリーで約5時間、100Km以上離れた離島である対馬は、対馬海流が通っていて非常に魚影が濃いらしく、何より韓国の釜山の方が近い「国境の島」という点が冒険心をくすぐられます。

釣りの狙いは海のスプリンターと呼ばれているらしい「ヒラマサ」。どうやらものすごく引きが強く、釣れると最高にテンションが上がるらしい。
釣りを始めて3年、どうしてもヒラマサを釣って見たくなり、対馬へ足を運びました。

ただ、私のような素人にヒラマサがそう簡単に釣れる訳もなく、今回の釣行は無残な結果となりました。時間がゆっくりと流れている対馬はとても良いところ。是非また訪れたいと思っています。

スポンサーリンク

対馬旅行のPhoto Gallery

博多港|フェリーで対馬へ向かう
対馬到着
今回は主に対馬の北側で過ごしました
厳原港|到着早々に巨大ハゼをGETするTD氏
民宿たけだ家|お世話になりました
対馬の朝
対馬の北西。韓国の電波が入る。
とんでもない所に瀬渡しされている人
磯には韓国のゴミが漂流している
厳原港近くの磯|スニーカーで磯を駆け上る地元の少年と出会う
磯で寝るのはとにかく気持ちいい
磯じゃなくても気持ちいい
ヒラスズキをGETするT氏
なんとかアオリイカ、コウイカはGET
たけだ家で釣ったイカを捌いてもらう
棹埼|対馬最後の夜。この後、目の前でボイルが起こる。
棹埼パノラマ|最終日朝
ありがとう対馬、また来ます
SAYONARA
フェリーは壱岐経由。こちらもいつか行ってみたい。


アオリイカが数杯釣れただけの非常に残念な釣果でしたが、修行してまた対馬に訪れたいと思います。

海以外にも、対馬の中央には烏帽子岳(標高176m)という山があり、無数の島々がおりなすリアス式海岸の景観を一望できる観光スポットらしい。今度また訪れる際は、ぜひ烏帽子岳にも足を運んでみようと思います。

終わり。

釣り
スポンサーリンク
Fujimura Yukiをフォローする
とあるITエンジニアのヤマBLOG
タイトルとURLをコピーしました