台湾 南湖大山HIKE #3 南湖大山のおもてなし

スポンサーリンク

day3 雲稜山荘→南湖山荘(テント泊)

三日目も快晴、事前の雨予報は全くの嘘でした。嬉しい誤報にテンションを上げつつ、三日目のゴールである南湖山荘を目指します。

雲稜山荘から2時間ほど急登を進むと標高は3,000m近くなり、視界が開けてついに南湖大山(3,742m)中央尖山(3,705m)、台湾で2番目に高い雪山(3,886m)を遠望できるゆったりとした稜線に出ます。

ついに稜線へ

雪山方面、天気がサイコー

この稜線、とにかく気持ちがいい、いつまでも歩いていたいと感じさせます。

審馬陣山に向かいやす

審馬陣山に到着、特に何もねぇです

写真撮影や軽食を取りつつ足を進め、次第に標高は3,500mを超えていきます。

南湖北山(3,536m)到着

分岐を超え南湖大山へ

南湖北山の分岐を通り過ぎ、時折切れたつ岩場や台湾現地の本で紹介されていた朽木エリアを越えながら進むと、広大なカールとそびえ立つ南湖大山が姿を見せます。

現地のマガジンで紹介されていた朽木エリア


鎖場もちゃんとあります

カール地形の中心には、赤い屋根が特徴的な本日のゴールである南湖山荘がポツンと建っています。開放感抜群です。

本日の宿である南湖山荘を発見

南湖山荘は道中で出会った台湾おじさんズの貸切状態、キャンプ場は我々の貸切状態ということで、さっそくキャンプ場にテントを設営。

そして、山荘裏にある、湧水の小川付近にて台湾classicで乾杯、この時点で完全に満足して気持ちよくなってます。

テント張り放題のテン場

そのうち夜になり、台湾おじさんズは南湖大山の朽木の撮影に夢中になり始める。南湖大山は朽木が有名なのだろう。我々も星空の撮影や野外でのコーヒーなど至福の時間を楽しんだ後、就寝すべく寝袋に入りました。

 

ここでまさかの事件が発生。

 

なんとテントの周りに獣の気配。しかも1匹どころではなく4〜5匹にテントの周りを囲まれている雰囲気。緊張して眠れずにいると、O氏とF氏が眠るテントの上に小動物が飛びついたりとハラハラドキドキの展開。

南湖大山のおもてなしを受け眠れぬ夜を過ごしました。総じて印象深い3日目となりました。

満点の星空by EOS KISS X5


南湖大山越しの天の河


3日目あざした

day4 南湖山荘→南湖大山→雲稜山荘

四日目も雲ひとつない快晴、日の出を見るべく5時半に出発、南湖大山のピークを目指します。

50分ほど緩やかな石道を登ったところで、標高3,600m程にあるだだっ広い平地に到達。この平地、だだっ広いうえに無人のためなぜか聖域にいるような感覚にさせてくれます。とても居心地がのかったので、ここで日の出を迎えることにしました。

朝日に染まる南湖大山


標高3,600mでみる朝日は格別だった


いざ山頂へ向かいます

山頂までは少し急な岩場がありますが危険箇所は全くなく、無事山頂(3,742m)に到着しました。山頂は360°の眺望があり台湾五岳の雪山や中央尖山が一望できます。

もうちょいで山頂です


絶景の中央尖山方面


太陽がすごく近くに感じる


山頂到着!!


広大な太魯閣国立公園

この日は雲稜山荘まで約7時間程度を下る計画のため、山頂堪能もほどほどにし下山を開始します。雲稜山荘への下山中は数人とすれ違いましたが、みな明るく挨拶をしてれます。台湾の方は本当にフレンドリーですね。

絶景に黄昏るO氏


テント撤収、いざ下山

day5 雲稜山荘→思源啞口→宜蘭→台北

台湾観光を満喫すべく、3時に起きて思源啞口9時発予定のバス乗車を目指して出発します。やはり6.8k登山口から四源啞口までが長い。

下山後にバスを待っていると、まさかの台湾おじさんズが車で登場し、小ぶりのりんごを恵んでくれました。台湾おじさんズに感謝しつつ、無事バスに乗車し昼前に宜蘭に到着しました。

無事下山しました

宜蘭到着後、温泉に入るべく宜蘭からタクシーで30分ほどの礁渓温泉へ移動します。この礁渓温泉、足湯などがところどころにあり粋な温泉街の雰囲気を漂わせているのですが、入った温泉はぬるめかつおじさんから出る美容成分がところどころに浮いておりクオリティはお察しの通りでした。

礁渓温泉からバスで台北に移動し、パーミット取得時にお世話になったという西門町にある町・記憶旅店(Cho-Hotel)にチェックインしました。

スタッフはみな若くて愛想がよく、内外装もオシャレにまとまっていて結構おススメです。(後々調べたところ、ゲイフレンドリーホテルだったそうで、男3人でゲイだなこいつらと思われていたことでしょう)

変お世話になった町・記憶旅店

お土産探しで立ち寄った台北駅の登山ショップ「登山友」では、台湾百岳バンダナをどうしても3つ買って帰りたいという我々の駄々にオーナーが真摯に対応してくれ、なんと別店舗に原付でバンダナを取りに行ってくれました。

なんとか全員がバンダナを入手することができ、オーナーの優しさにただただ感謝。

台湾名物の魯肉飯やマンゴーカキ氷も堪能し、総じて最高な台湾旅は幕を閉じました。

台湾グルメうまし

 

台湾人の優しさに触れ、手つかずの自然からのおもてなしを受け、思い出深い山業となったのでした。

 

ありがとう台湾、まさに登山友

スポンサーリンク
Fujimura Yukiをフォローする
とあるITエンジニアのヤマBLOG
タイトルとURLをコピーしました